教師!修業中!

小学校教員として働いて、日々思うことや実践を綴っていきます。

勉強会の学び

8月の終わりに参加した勉強会の学びを残します。


模擬授業で、

列指名や複数人解答で、多くの人に発言をさせること。途中途中活動を取り入れて、子どもの作業する時間を取ること。書くところを視覚で示すこと。仲間外れはどれかなで注目させること。漢字リレーの実践。トスランドで実践を集める大切さ。

などを学びました。


レポートから、シルバーの三日間の大切さ。教師が子どものいいところを探して言ってあげること。リコーダーの吹き方の言葉かけ。

などを学びました。


感想をアウトプットすると学んだことが分かりますね!

図工、体育実技研修

本日の研修は、校内の先生による実技研修でした。


実際に自分でやってみる研修はいいなと思いました。

大人でも活動がある研修は楽しいです。


写真は、ポップアップカード(飛び出すカード)です。頑張って作りました。


図工は、あまり指導はしていませんでした。笑


まずは、実際に自分で作ってその題材の楽しさを味わうことが大切だと思いました。

校内研修の学び②

今日の午前中は、QUアンケートについての研修でした。


QUアンケートについては、説明はしませんが、アンケートを見て子どもやクラスの実態を知るものです。


学びです。

・QUアンケートの80%の結果は、やっぱりなというもの。しかし、残りの10〜20%の子は意外。その子のことをよく知ることが大切。

・アンケート自体は、100円で紙を買えて、自分で分析することも可能。

・ボールを触ったら、帽子を脱ぐ。全員触ったら得点が増えるシステムのバスケットボール指導。

・教室での実践は、自分がやってて続くことをする。

・保護者への電話は、その子のことで知っていること、既に言われていることは言わない。取り組みについて話す。

・カウントアップゲームというゲーム。

・手繋ぎを使ったゲーム。


午後からは、SSW(ソーシャルスキルワーカー)による事例研修でした。


学びです。

・一人の子どもの問題を、その子の家庭状況や発育、友達関係など周りの多くのことを知ることがまずは大切。それを知った上で、対応を考えていくことが必要。対応には知識が不可欠。


夏休みもぼちぼち教師修業をします!!